BoyFriend

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コメント
コメント投稿

トラックバック
トラックバックURL
http://lovesick001.blog57.fc2.com/tb.php/8-7aa3beda




一昨日からずっと降り止まなかった雨が止んだ。



空から零れ落ちてくる雫は
静かに地上の大地とキスをしていた。


もしかしたら暗い空から流れてくる
大きな雨音は、雫たちの歓喜の声なのかもしれない。




たくさんのキスを受けた大地は
体中に深く幸せを浸透させて
新緑や草花をキレイに輝かせていく・・・




今、みえてる窓の外は
久しぶりの青に染められていて
太陽の日差しが、いつもよりも眩しい。




外の空気を感じたいと思い
ゆっくりと窓をあけた。




今日は少し風が強い。




この風に乗って
雨雲はまた形を変えて
違う場所にいくのだろうと
考えていると、小さな電子音がなった。


テーブルの上においてある
ケータイがメールがきたよと
私を呼んでいた。



深呼吸をして、背伸びをした後、
音が鳴り終えた後も、けなげに
持ち主へピカピカと光り
合図を送るケータイを手に取った。




メールの相手は
幼なじみから。



他愛もない内容。




でも、最近彼とメールをしていて思う。


他愛もないメールこそ
何気ない日常が溶け込んでいるから
つながりを大切にしている感じがして
なんだか嬉しくて、幸せだ、と。





<今日は晴れたね。学校から虹が見えたよ!
 きれいに撮れたんで、写メ、送るね!!>




添付されていた画像を開く。
空に大きく虹がかかっていて
とても綺麗だった。



ありがとう、と返信をする。
こんなやり取りが、かけがえのない
私の日常の幸せ。




もし、こんな幸せが突然消えてしまったら・・・。
そう考えると、急に臆病になったり、
大事すぎるものに手を伸ばせなくなってしまう。





大事な大事なマグカップを
壊したくなくて、ずっと使えずにいるように。



他にはいない、たった一人の
大切な人に、大事だよと友達以上の
意味をこめて伝えられないように・・・・。





でも、もしかしたら
そんなことを考えている間に

今日の流れる雨雲のように
大事な人はどこかへ遠く
流れていってしまうかもしれない。



私はここで、動くことも出来ないままで
ただ他の何かに力を注ぎ、輝かせるだけ


ただ上を見上げながら、今君は
どこにいるんだろう?と
思いを馳せることしか出来なくなるかもしれない。




そう考えているうちに
なんだか切なさが増してきてしまった。





送られてきた画像を待ち受けに設定した後
青々とした空の写真を添付したメールを送り返す。





<ねぇ、この空さ、君に似てない?>

そんな言葉を添えて。





きっと彼は言う。

<また意味分かんないこといって~。
 どういうこと??>






空が君で
大地が私なら



どんな時だって見ていられるでしょう?
きっと風に飛ばされて離れることもない。



厚い雲に覆われても
また今日みたいにまた会える。



何も変わらずに、私は君をみているよ。






そんな思いをこめた言葉。
彼への次の返信は



<ないしょ。>


を、送ろう。



少し、窓から感じた風が
柔らかく、暖かになった気がした。









スポンサーサイト
コメント
コメント投稿

トラックバック
トラックバックURL
http://lovesick001.blog57.fc2.com/tb.php/8-7aa3beda
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。